aaa

LINDY 会社沿革

初期

辦人Kurt Lindenberg LINDYグループの起源は、1932年ドイツのブレスラウ(Breslau) という町の小さいアパートに溯ります。石油ランプと電気製品を販売する、創始者カート・リンデンベルク(Kurt Lindenberg)が設立した小さな家族会社です。

ビジネスは第二次世界大戦のため中止されましたが、1947年リンデンベルク家はマンハイム(Mannheim)に移り、ビジネスを再開しました。LINDYドイツは今でもマンハイムに拠点を置いています。

ccc1940年代と1950年代にラジオとテレビの需要が大きかったため、製品は人気のKUBAラジオやTVボードまで拡大しました。

 

電子時代

LINDY/Gakken Electronic Game, 1970s 1960年代にデンマークのメーカーJostyから様々な電子キットを導入し、信じがたいほどの成功を収めました。愛好者はラジオ、アンプ、ディスコ照明を独自に組み立てることができました。

1970年代までには、製品はほぼ完全に電子部品と設備へと移行しました。1974年、日本の会社(学研)製作の様々なコンピュータゲーム、キット、おもちゃの導入と共に、LINDYのロゴが作られました。これらと並行し、Electronic Stationは完全に社内のみで開発・デザインされた最初の製品でした。

LINDY Electronic Station, 1970s1984年に、急速に拡大するホーム‧コンピュータ市場の需要に対応するため、様々なケーブルを導入しました。ドイツの見本市で圧倒的好評を受け、すべての大手デパート・スーパーから大量受注しました。

海外進出

LINDYは1980年代後半と1990年代前半に海外進出を始めました。まずイタリアに進出し、続いてすぐに英国にオフィスと倉庫を持ち、さらにスイスとフランスまで展開しました。

aaa

海外拠点の拡大は2004年にLINDYアメリカ、LINDYオーストラリア、LINDYアイルランド及びLINDYインターナショナルの設立で完成しました。世界各地のカスタマーサービス向上に努めています。

現在のLINDY

Quad View Advanced KVM Switch, 20061932年の小さな会社から現在では多国籍企業に成長し、LINDYという誇り高いブランドを守るために邁進しています。LINDYの製品は現在、最もシンプルなUSBケーブルから最新の高度なKVM切替器、デジタル‧ビデオ延長器、ネットワーク及びマルチメディア機器まで取り扱っています。ブレスラウのアパートで事業を開始したカート・リンデンベルクから受け継いだ、品質、革新、価格に見合う価値を追求する伝統は今でも生きています。

 

Back Top

Premium Gold AV Cables No.73130 CaviDVI

2015最新カタログ

2014最新カタログ